RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
癌(がん)が治った、癌(がん)が良くなった、癌(がん)が回復した体験談情報
<< 大腸がんや膵臓がんに有効な抗がん剤新薬の開発 | main | 胃がん特効薬が承認へ >>

世界中で臨床試験の最終段階を迎え、近々に利用可能となる新薬が671もあり、その半数近くが抗がん剤の新薬で、それぞれが劇的な効果をもたらす可能性が高いことがわかった。

世界で臨床開発段階にある医薬品の臨床試験状況を米国研究製薬工業協会(PhRMA)が取り纏めて発表したのだ。

それによると、世界で臨床開発段階にある医薬品開発のプロジェクトは9404。
そのうちの74%が「画期的新薬」になる可能性があるとされた。
抗がん剤の新薬を含む分野だけで4000件以上のプロジェクトが進行中なのが心強い。

進行中の治験の段階別に見てみると、画期的新薬となり得るプロジェクト数は、
フェーズ1の3723プロジェクトのうち3073プロジェクト(83%)
フェーズ2の4424プロジェクトのうち3205プロジェクト(72%)
フェーズ3の1257プロジェクトのうち 671プロジェクト(53%)
となっている。
全世界での9404プロジェクトのうち6949(74%)が"画期的新薬"になり得ると報告されたのだ。

がんを駆逐できる画期的な抗がん剤新薬は続々と開発中であり、そのゴールが近いことを実感させる素晴らしい報告と言えよう。


| - | |









http://gan.naoso.net/trackback/1285125