RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
癌(がん)が治った、癌(がん)が良くなった、癌(がん)が回復した体験談情報
「鼻・のどのがんの 初期症状と治療」
50〜70歳代に多く発生 長年の喫煙、飲酒が要因に 藤田保健衛生大耳鼻咽喉科 桜井一生教授

 愛知県医師会主催の健康教育講座で、藤田保健衛生大耳鼻咽喉(いんこう)科の桜井一生教授=写真=が「鼻・のどのがんの初期症状と治療」と題して講演した。講演要旨は次の通り。

 耳鼻咽喉科領域にできるがんは頭頸(とうけい)部がんと呼ばれています。頭頸部がんには、上顎(じょうがく)がん、咽頭(いんとう)がん、舌がん、喉頭(こうとう)がんなどがありますが、発生頻度はそれほど多くなく、すべてのがんの約5%前後といわれています。

 頭頸部がんの中では、喉頭がんが約40%と最も多く、次いで舌がんを含む口腔(こうくう)がん、下咽頭がん、中咽頭がんとなっています。

 上顎がんは、副鼻腔(ふくびくう)の一つである上顎洞から発生する鼻のがんの代表的な疾患です。50歳代〜70歳代に多く発生し、男女比は3対2で、男性に多い。

 症状は鼻づまり、鼻水、鼻出血など鼻の症状以外には、歯の痛みや歯が浮いた感じ、頬(ほほ)の痛み、腫れ、目の奥の痛み、物が二重に見えるといった様々な症状があります。

 上顎がんの治療は、抗がん剤による化学療法、放射線治療、手術療法を組み合わせて行われます。

 効果の高い治療は、動脈から抗がん剤を投与する動注療法。放射線治療との併用療法で、拡大手術を回避できるので機能と形態の温存が期待され、5年生存率は50%〜60%です。

 中咽頭がん、下咽頭がんは、50歳代〜70歳代の男性に多くできるがん。がん発生の要因としては、飲酒や喫煙などの慢性刺激が主で、特に、長年の喫煙歴や飲酒歴のある人は注意が必要です。

 初期症状は、のどの異物感やつかえ感などで、がんが進行すると、嚥下(えんげ)困難、咽頭痛、嚥下痛、頸部リンパ節の腫れなどが現れます。

 治療は、早期の段階であれば抗がん剤による化学療法と放射線治療が行われますが、進行がんでは、手術療法が中心になります。特に、下咽頭がんの場合は、進行がんのケースが多く、手術で喉頭の摘出を余儀なくされることも少なくない。

 5年生存率は、中咽頭がんが早期で70%〜80%、進行がんだと50%〜60%。下咽頭がんでは早期70%〜80%、進行がん40%〜50%。

 いずれにしても早期の段階で発見し、早期治療を受けることが予後の良いことは確かなので、普段と違った症状があれば耳鼻咽喉科に受診し、異常があるかを確認することが大切です。

2007年6月26日 読売新聞

| 頭頸部がんが治った体験談 | |

頭頸部がん治療に有効

スペイン頭頸部がん協が化学放射線療法と導入化学療法の併用


スペイン頭頸部がん協同グループ(TTCC)は30日、継続治療として定義される標準的治療パラダイムの化学放射線療法(CRT)に先だって施される導入化学療法(IC)が、先行するCRT単独治療と比較して切除不可能な局所進行頭頸部がん(LAHNC)に罹った患者の治療成功期間(TTF)を顕著に長引かせたと発表した。TTFの評価項目は、無増悪期間(TTP)、手術もしくはその他がん関連治療法、有害作用による治療中断、何らかの原因による死亡への期間を組み合わせたものとして定義された。

 第3相無作為研究の最終結果(抜粋#6009)は、米臨床腫瘍学会(ASCO)の2009年年次総会で、スペイン・マドリードにある「10月12日大学病院」のリカルド・ヒット教授から口頭で発表された。この研究結果はまた、「最優秀ASCO(登録商標)プログラム」に選抜された。「最優秀ASCO」は今日の腫瘍学に関連し重要な最先端科学への世界的アクセスを高める目的を持ち、ASCO年次総会から注目を集めた教育活動である。

 この研究はがんの状態として局所進行頭頸部がん(LAHNC)に罹った患者439人を登録し、無作為で標準的なCRT(抗がん剤シスプラチンと断続的放射線照射)と、タキソテール(ドキタクセル)静脈注射を併用もしくは併用なしでシスプラチンと5−フルオロウラシル(5−FU)を混合した静注(IC)のいずれかを受けた。同研究はCRT(継続治療)に先立ってICを受けたか、CRT単独を受けたかの双方の患者の薬効結果を比較することが目的だった。

 CRTにICを加える継続治療は、治療成功期間(TTF)が7・5カ月伸びて5・0カ月から12・5カ月(p<0・0001)に改善した。さらに局所コントロール率という2次評価結果では、CRT単独(p=0・002)で治療された患者の44・5%だったことと比較して、継続治療法(IC+CRT)による患者は61・5%認められた。
 最も良くある重度(グレード3−4)の有害反応は口内炎(CRTの31%対してIC+CRTが44%)、発熱性好中球減少(CRTの1%に対してIC+CRTが10%)だった。その他有害事象は好中球減少と無力症などが含まれていた。

 この研究の調査主任で10月12日大学病院の内科腫瘍学科のリカルド・ヒット教授(MD、PhD)は「これらの研究結果は、この難しい病気が病理学的メカニズムと臨床コントロールが本質的に失敗する可能性を克服しうる合理的かつ包括的管理戦略策定に値することを示している」と語った。

 世界の64万人余りが毎年頭頸部のがんと診断されて、推計35万人余りがこの病気で死亡している。頭頸部がんは腫瘍の一群であり、主として粘膜面の沿った細胞に発現し、頭部や口腔、舌、扁桃腺、咽頭、咽喉など頸部に頸部の扁平上皮(細胞)がんとなる。

 米ジョージア州アトランタにあるエモリー大学のファドロ・クーリ医学部教授とロベルト・ゴイスエタ血液学・内科腫瘍学部長は「この臨床試験で分かったことは、化学放射線療法(CRT)に導入化学療法(IC)を付加することで、治療奏功維持生存率(FFS)とともに進行性で切除不可能な頭頸部がん患者の局所コントロールを顕著に高めることである」と述べた。著名な頭頸部がんの専門家であるクーリー博士は「今回のデータは進行性の切除不能な疾患にかかっている患者治療の標準的アプローチを定義検証する手助けとなるかもしれない」と付け加えた。

▽スペイン頭頸部がん協同グループ(TTCC)について
スペイン頭頸部がん協同グループ(TTCC)は、頭頸部がんの(研究・治療)に全面的に奉仕するスペインの非営利科学協同グループである。同グループはスペイン内科腫瘍学会(SEOM)に所属する内科腫瘍学者とともに頭頸部がんの研究と治療に関係するその他医療関係者で構成されている。TTCCの主要な目的は、基礎研究、疫学研究、臨床研究を促進し、医師と患者への教育とスペインの一般人口に頭頸部がんの情報伝搬を行っている。


2009/6/2 国際情報

| 頭頸部がんが治った体験談 | |